企業情報

企業情報 ニュースリリース&トピックス

ニュース一覧

報道関係資料 2011年02月09日

村上農園、山梨県北杜市に最新鋭の植物工場を建設
2月19日起工式を行います。

 株式会社 村上農園(本社:広島市、代表取締役社長:村上清貴)は、人気が高まっているスプラウト(発芽野菜)の大幅な増産を行うため、山梨県北杜市明野町に植物工場(仮称:山梨・北杜生産センター)を新設。第一期工事の起工式を2月19日に執り行います。

 村上農園は、全国8箇所に生産拠点を有する国内トップシェアのスプラウトメーカーです。これまでに、疾病予防を目的とした「機能性野菜」という新しい野菜のジャンルを切り拓き、またスプラウト業界で初めての食品安全マネジメントの国際規格であるISO22000 の全センター正式認証取得など、農業の世界に次々と新風を巻き起こしてきました。最近では、食味の改良と品質の向上を進めた結果、えんどう豆の若菜『豆苗(とうみょう)』が消費者の支持を集め、年々出荷を伸ばしてきています。

 新生産センターの第一期工事は、総工費約10億円。日本とオランダのハイテク技術を駆使し、環境に配慮した、省エネルギー型の最新鋭植物工場となる予定です。新センター稼動後は、全社の生産能力が全体で約4割増となります。

 建設地となる北杜市明野町は、通年天候が安定しており、澄んだ空気や良質な水源を有していること、日照時間が日本一長いことなどから、安全・安心なスプラウト生産の最適地であると判断し進出を決めました。
また、物流面でも中央自動車道からの首都圏、中京圏へのアクセスが良好で、商品を365日態勢で迅速に大消費地に届けることが可能です。


起工式
実施日 2011年2月19日(土曜日)大安
時間 神事 11:00~11:40
場所 山梨県北杜市明野町上手坂26番地(特設テント内)
施主 弊社 代表取締役社長 村上清貴
来賓予定者 山梨県   松村孝典農政部長
大島孝農政部担い手対策室室長
北杜市 白倉政司北杜市長
名取重幹産業観光部長
北杜市農業振興公社 清水正敬理事長
雨宮智博事務局長
明野茅ヶ岳土地改良区 清水岩男理事長 他
※来賓予定者は、代理出席の場合もございます。

山梨生産センター概要
住所 山梨県北杜市明野町上手坂26番地
敷地面積 59,225m2
施設計画 第一期ハウス 11,206m2
第二期ハウス 12,512m2
総工費 約10億円(第一期のみ)
生産開始予定 2011年10月
生産品目 スプラウト、豆苗等
生産能力 第一期 1,080トン/年(スプラウトに換算)

村上農園について
創業 1978年1月10日
本社 広島市佐伯区五日市中央6丁目 1888-1
代表者 村上清貴
売上高 31億9,000万円(2010年12月期)
事業内容 かいわれ大根、スプラウト、豆苗など発芽野菜の生産・販売
事業所 千葉県、神奈川県、静岡県、大阪府、三重県、広島県(本社)、福岡県
【この資料に関するお問い合わせ先】
(株)村上農園 営業開発部 担当:中村昭子/福嶋治
TEL:0475-54-2626 / FAX:0475-54-3285 / email: